アイウェア問題

今から3ヶ月ほど前の6月上旬。
自転車用のアイウェアを作ろうと思い立ちました。

昨年秋から乗り始めたロードバイク。
3月〜5月のコロナ自粛期間をあけてようやく乗れると思ったら暑い。
これまではメガネで乗っていたのですが、汗に虫、紫外線と帰ってくると目が真っ赤。
対策の必要性を感じました。

メガネ兼用ということもあり度付き。
またトンネルに入った時に怖いので調光レンズという条件で近所のメガネ屋さんへ

そこで問題となったのが
2〜3年前から斜視がひどくなり、2〜3年前から酷くなった斜視。その時コンタクトレンズを諦めてメガネ生活になりました。

希望を伝え候補のサングラスのメーカーに問い合わせて貰ったところ 
スポーツサングラスのように曲率の高いレンズは斜視用にできないと言われました。
その日は諦めて帰宅。

何か手はないかとインターネットで検索したところ
サングラスの内側にインナーフレームの形でレンズをセットするものを発見。
Amazonで調べてみると2〜3千円くらいで売られています。

かと言って、最終的にはメガネ屋さんでレンズを作らないといけないものを通販で買うのも不安。さらに調べたところCoolensというメーカー(?)でAVENTURAというものを発見。

8F4765CD-CAFC-409C-AC88-E57D2D4B3E8A 2.JPG

7C53FF54-5885-4B49-94C1-A9AA7C0035E5 2.JPG

幸い電車で30分ほどの所に店舗もあり、眼科で処方箋も書いてもらい6月の終わりに行ってみました。

前回のメガネ屋さん同様、斜視用のレンズを入れられるかと店員さんに尋ねた所
悩む素振りや「メーカーに問い合わせます。」もなく、「できない。」と即答。

レンズを別にする形でも無理だったらどうしようもない。
ここで暗礁に乗り上げてしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント